秋冬大人気新しいデザインのコムデギャルソン コピージャケット

コムデギャルソン コピー秋冬コレクションは、いつも通りのミリタリー的な要素を交えつつもシルエットに少し変化を加えた。ジャケットはラペル幅が小さめ、クラシカルな印象の三つボタンが主流。力強いステッチを走らせたディテール、そしてアウトポケットがミリタリー感を演出する。素材は着古したかのような絶妙なくたりがある。これらはいつもと変わらないスタイルだ。

時にジャケットやフーディーは、パッチワークで形成されていて、ひとつひとつのピースが異素材でできているから、時を経てそれぞれの個性が際立ってくる仕様。カラーはブラックやグレーが基調となっているから、それほど派手な印象はなく、むしろ馴染みやすいとさえ感じられる。オイルド加工やウォッシュド加工によって一癖付けられた素材と、クラシカルなストライプが入り混じることで、過去と未来を往来するかのような感覚だ。

今季はボックス型のコムデギャルソ ジャケット コピーが多く、身幅はいつもより特段広めに設定されている。また、最も例年と異なるのはボトムスのシルエット。股上が深く、さらにはワイド。それはどの素材においても同じで、カーキのワークパンツ、コーデュロイのカジュアルパンツ、いずれもクロップド丈かつ股上が太ももの半分ほどまである。ウエスト部分にタックが入ったり、さりげなく裾にかけてテーパードしているからやぼったくはならない。絶妙なサイズ感でアウターのシルエットとつながっている。

また、もうひとつ特徴的だったのは、コムデギャルソ 偽物のジャケットの下に隠されたインナーの存在。シャツなどの軽いアイテムだけでなく、今季はタートルネックやボトルネックのニットを重ねた。マフラーなどの小物で首元を覆ってしまっているスタイリングも印象的だ。絶妙な“長さ”のバランスが、例年とは何かが違うと感じさせるのだろう。そして、それと同時に先述したようなコム デ ギャルソン・オムの“いつも通り”が引き立てられている。