ディオール コピー18年春夏キャンペーンビジュアルに注目

ディオール コピーが、2018年春夏キャンペーンビジュアルを公開した。今シーズンのショーでファーストルック:『Why Have There Been No Great Women Artists?(なぜ偉大な女性アーティストが生まれなかったのか?)』というリンダ・ノックリンによるエッセイのタイトルがプリントされたディオール Tシャツ コピーにジーンズでショーの幕開けを飾ったモデルでアーティストのサーシャ・ピヴォヴァロヴァをフィーチャーした。

写真家パトリック・デマルシェリエのレンズがスタジオで捉えたのは、サーシャが描いた、あるいはいままさに制作中のドローイングとともに佇む彼女。ほっそりとした顔、見る者の心を奪うまなざしを向ける女性たちのポートレートは、どこかサーシャと彼女の感情を映し出すかのよう。

マリア・グラツィア・キウリにとって今回のディオール 偽物のコレクションのインスピレーション源となったニキ・ド・サンファルを想起させる制作過程が展開される。また、キャンペーン全体を通じて、1960年代のエスプリとともにアーティスティックでフェミニン、そしていたずらっぽい空気が漂う。